大洲防災公園  9月11日(土)地域の方々と大洲にある市川市の防災公園に見学に行きました。
 
大洲防災公園は明治乳業の跡地に5年がかりで都市基盤整備公団が建設したもので、3.5haの広大な敷地に、多目的広場、ピクニック広場、防災関連施設などの公園施設の他に、消防出張所や急病診療所、在宅介護支援センターなどの施設も併設されています。私自身4月11日(日)の竣工式典に出席以来ですので、静かな公園をゆっくり見て回ったのはこれが初めてでした。

 管理事務所の2階集会室で、市川市の公園緑地課と災害対策課の方からブリーフィング(状況説明)を受けた後で園内を見て回りました。1万人の避難者に対して3日間の飲料水が提供できるという園内には、災害時にブースを組み立てて利用するマンホールのような非常用便槽や、かまどになるベンチ、テントが張れるパーゴラなど、あちらことらに防災用としての工夫がこらしてあり、避難と救援の拠点として申し分のない公園です。この近所に住んでおられる市民の方は、安心して生活できるなと感じるとともに、是非行徳地域にも同様の公園を建設するべきだと痛感しました。大変有意義な1時間半でした。

 防災問題に関心をもって参加していただいた地域の方々、また土曜日にもかかわらず出勤してご案内いただいた市の職員の方々に感謝申し上げます。



過去のトピックス 菊之丞&入船寿司TV 出演 入船寿司新規開店 大沼さん逝く 緑風会議員紹介 川中文子裂画展
平成15年10月 古今亭菊之丞 三番瀬 平成15年7月 平成15年6月 TVインタビュー