荒木詩郎


2月議会を開催 平成26年度予算案を可決

 

 市川市議会2月定例会が、2月17日(月)から3月24日(月)まで開催され、市川市等から提出された「平成26年度市川市一般会計予算」など49の案件は全て可決、成立しました。毎年2月議会には市長の「施政方針」とこれに対する各会派の代表質問が行われますが、今年は市政上初の教育長による「教育行政運営方針」が行われ、新年度からスタートする5ヵ年間の「第二期教育振興基本計画」を推進すべく、「人をつなぐ 未来へつなぐ 市川の教育」を基本理念に、(1)児童・生徒の学習環境の充実(2)過程・学校・地域・行政の連携(3)生涯学習の推進の3つの基本方針が明らかにされました。私が12月議会で、「国の教育委員会制度改革の動きに注目しながら、制度改正が行われても対応できるような体制づくり、教育行政の活性化」を市川市に求めた結果が早くも実を結んだものと感じています。

 

 平成26年度の市川市の予算は、一般会計、特別会計、公営企業会計合わせて2,213億円、対前年度比4.1%増と過去最高の規模となっていますが、国同様に市川市の財政事情も厳しいものがあり、自治体の財政力を表す「財政力指数」は「0.996」と「1」を割り込んでおり、国から地方交付税交付金を受けなければ財政運営がなりたたない状況になっており、財政の硬直度を表す「経常収支比率」は95.2と、市川市が自由に使える予算は、予算総額のわずか4.8%にすぎません。4月1日から引き上げられる消費税で、市の収入は4億円増えますが、支出は10億円増え、差し引き6億円の収入減という厳しい状況にもあります。
このような厳しい財政事情ではありますが、無駄な経費を削減しつつも、市民のために必要な事業はしっかりと進めなければなりません。子育て支援、高齢者や障害者等への支援策の充実には最優先で取り組んでいくべきです。

 また特に、どこの都市にも言えることですが、高度成長期に建設された公共施設の老朽化が進んでおり、市民生活の安全のためにもインフラの整備を進めていく必要があります。市川市においても新市庁舎の建設(3年後工事・4年後供用開始)、市民会館の新築(再来年の秋完成予定)などの整備を計画的に進めるとともに、県の事業である行徳橋の新設(6年後に完成予定)、妙典橋の新設(来年完成予定)や国の事業である外かん道(3年後完成予定)や国道3・4・18号(来年度に開通)などの事業にも市民意見が反映されるように努めてまいりたいと思います。

 

2月議会での荒木詩郎の一般質問(概要)

○国民健康保険制度について

 4月1日から消費税の税率が引き上げられるなど、国は「税と社会保障の一体改革」を推進しようとしています。これらの改革の中で地方行政に関わりをもつ最も重要な課題が国民健康保険(国保)制度の改革です。国の方針で改革が実行されるならば、現在市川市が運営している国保は3年後には千葉県が運営していくことになります。市川市の国保財政の特徴は、近隣市と比較して、まず「65歳から74歳(高齢者)の加入者割合が最も低い」「1人あたり医療費水準が最も低い」「1人あたり所得水準が高い」ということです。また、「1人あたり保険税額が低い」一方で、どこの都市でも国保財政の赤字を埋めるために市の一般会計から繰り入れていますが、その繰入金の額が他市に比べて高いのが特徴で、保険料を据え置きながら年々その額が増え、平成26年度には36億6,000万円に達しています。国保加入者にちゃんと保険料を納めていただく努力をしながら、市の財政に負担をかけずに国保財政の健全化を図っていくことの必要性が明らかになったわけで、課題解消に向けた強い対応を市川市に求めました。


○塩浜小・中学校の一貫教育構想について

 市川市は国の認定を受けた初の小中一貫教育のモデル校を平成27年度からスタートさせようとしています。どのような方針で進めるのか質問したところ、(1)9年間きめ細かく継続的に教育していく、(2)4・3・2制を採用して5年生から中学教育の準備に入る、(3)理科教育を重視する、(4)外国語教育にティームティーチングを採用する、(5)心の教育・異学年交流・地域との交流を進めていく、などの見解が示されました。来年度から開始される塩浜小・中一貫教育が市川市のモデルとして『中1ギャップ』などといわれるような状態が解消されるように、私もこの試みが成功するように努めていきたいと思います。

 

過去の議会報告

25年度     12月定例会 9月定例会 6月定例会
24年度 2月定例会  平成25年度予算賛成討論 12月定例会 9月定例会 6月定例会
23年度         2月定例会 
  24年度予算 12月定例会 敬老祝金支給条例改正案 9月定例会 6月定例会
22年度   2月定例会
  23年度予算要求回答 23年度予算措置要求 12月定例会 9月定例会 6月定例会
21年度 2月定例会 12月定例会 9月定例会 6月定例会 5月臨時会
20年度 2月定例会 12月定例会 9月定例会 6月定例会
19年度 2月定例会 9月定例会 臨時会・6月定例会 12月定例会 2月定例会
18年度 12月定例会 総務委員会視察
(佐賀・長崎・大宰府)
9月定例会 行徳臨海部特別委員会視察 6月定例会
17年度 2月定例会 18年度予算要望に対する市川市からの回答 12月定例会 9月定例会 6月定例会
16年度 2月定例会 12月定例会 9月定例会 市営住宅審議会 6月定例会
15年度 2月定例会 12月定例会 決算審査特別委員会 9月定例会 6月定例会
すべての記事・写真・図表などの無断転載はお断りいたします。 Shiro Araki assembly member of Ichikawa city council  © 2012 All rights reserved