荒木詩郎


12月議会を開催 市長提出21議案を可決

 市川市議会12月定例会が、11月27日(金)から12月10日(木)まで開催されました。令和2年度市川市一般会計補正予算など市長提出議案が審議され、何れも可決・成立しました。これに加えて議員発議による市議会議員の期末手当を削減する議案も全会一致で採択されました。コロナ禍ではありましたが、アクリル板の設置や消毒の徹底などの対策により、通常通りの日程を終えました。

市川市 『コロナ関連補正予算』

 12月補正予算として、新型コロナウイルス感染症への対応のために、高齢者PCR検査経費(約1億75,000万円)を含め合わせて約4億1,400万円が計上されました。  市川市は、新型コロナウイルス感染症対策として、4月から12月までに、合わせて8度にわたる補正予算を組み、(国や県からの補助金を含む)事業費ベースで603億円の経費を市民のために投じてきました。この中で国・県の補助金ではない市川市独自の財源として支出した一般財源は約64億9,400万円です。俗に『真水(まみず)』と呼んだりします。この財源ですが、約2億6,500万円は前年度からの繰越金によるもので、残りの約62億円強の経費は、市川市がいざというときのために積み立てておいた財政調整基金を取り崩して充てたものです。  

 私が評価したいのは、国や県の対策に先んじていち早く4月の時点で、緊急に市民のために「減収対策緊急支援給付金」などの経済支援のための補正予算を市川市独自に編成したことです。65億円弱の『真水(まみず)』のうちの51億4500万円を、実に4月の時点で投入したのです。市長の英断だと思います。国や県の対応を待つことなく事業を行うというのが「政治家の仕事」というものではないでしょうか。 市川市の財政が健全に推移してきたことは、皆様に常々報告してきましたが、コロナの終息が見通せない中でこれからの財政状況は心配です。市川市の財政調整基金は3月末に約230億円ありましたから、まだ約180億円の基金が残っており、赤字に苦しむようなことはなさそうですが、来年度は国・地方ともに厳しい予算編成になることは避けられません。無駄な経費は削り、市民のために必要な経費はしっかりと確保するよう、市川市に求めていきます。

中核市への移行について

先の9月議会の私の質問に答え、村越市長は「なるべく早く中核市に移行していけるように、至急事務手続きを進めてまいりたい」と、市川市が初めて中核市への移行をめざすことを明らかにしました。新型コロナウイルスの脅威を前に、保健所の重要性がようやく認識されたのだと思います。12月議会の代表質問ではすべての会派が中核市の問題を取り上げて質問し、さながら『中核市』議会の様を呈しました。市民の身体・生命を守ることは行政の最重要課題です。人口20万人以上であれば、市と県の議会の承認を得た上で国の指定を受ければ中核市に移行して独自に保健所を運営することが可能になります。市川市には保健所がありますが、49万人の人口がありながら中核市になっていないため県が運営しており。市川市が独自に情報収集して、市の関係部署と連携して市民のための施策を講ずることもできないでいるのです。  

 市川市議会で一番多くこの問題を質問で取り上げてきたのが私です。千葉光行市長、大久保博市長、村越拓民市長と3代にわたり、しつこいくらいに質問してきました。何回質問したのか数えてみました。平成18年12月、平成20年12月、平成22年9月、平成24年6月・12月、平成26年6月、平成27年3月・6月、平成29年3月・12月、そして今年令和2年9月・12月です。全部で12回質問したことになります。

 12回目の質問で、私は中核市へのオブザーバー参加を取り上げました。6月議会で企画部長は中核市に移行することについては明言しませんでしたが、「『中核市市長会』へのオブザーバー参加なども視野に入れていきたい。」と答弁していました。9月議会で市長が「至急手続き進める」と私に答えた後の10月29日に「中核市サミット2020IN倉敷」が開催されています。手続きを急ぐなら市川市もこのサミットにオブザーバーとして参加すべきではなかったのかと聞きましたが、残念ながら参加していませんでした。倉敷で開かれたサミットは、昨年災害が多発した中、また今年コロナ禍の中で開催されたためこの2つの問題がテーマでした。大変内容の濃い、意義のあるサミットであったろうことは容易に想像がつきます。少なくとも市川市は年度が変わる来年4月からはオブザーバーとして中核市市長会に加わり、スピード感もって中核市への移行を進めていくように求めてまいります。


過去の議会報告

2年度       9月定例会 6月定例会
元年度   2月定例会 12月定例会 9月定例会 6月定例会
30年度     12月定例会 9月定例会 6月定例会
29年度   2月定例会 12月定例会 9月定例会 6月定例会
28年度   2月定例会 12月定例会 9月定例会 6月定例会
27年度   2月定例会 12月定例会 9月定例会 6月定例会
26年度   2月定例会 12月定例会 9月定例会 6月定例会
25年度   2月定例会 12月定例会 9月定例会 6月定例会
24年度 2月定例会  平成25年度予算賛成討論 12月定例会 9月定例会 6月定例会
23年度         2月定例会 
  24年度予算 12月定例会 敬老祝金支給条例改正案 9月定例会 6月定例会
22年度   2月定例会
  23年度予算要求回答 23年度予算措置要求 12月定例会 9月定例会 6月定例会
21年度 2月定例会 12月定例会 9月定例会 6月定例会 5月臨時会
20年度 2月定例会 12月定例会 9月定例会 6月定例会
19年度 2月定例会 9月定例会 臨時会・6月定例会 12月定例会 2月定例会
18年度 12月定例会 総務委員会視察
(佐賀・長崎・大宰府)
9月定例会 行徳臨海部特別委員会視察 6月定例会
17年度 2月定例会 18年度予算要望に対する市川市からの回答 12月定例会 9月定例会 6月定例会
16年度 2月定例会 12月定例会 9月定例会 市営住宅審議会 6月定例会
15年度 2月定例会 12月定例会 決算審査特別委員会 9月定例会 6月定例会
すべての記事・写真・図表などの無断転載はお断りいたします。 Shiro Araki assembly member of Ichikawa city council  © 2012 All rights reserved