活動日誌

国民健康保険運営協議会々長に就任

 平成19年6月に「国民健康保険運営協議会」の委員に就任してから2年がたちましたが、本年7月に会長の改選が行われ、私荒木詩郎が新会長に選出されました。「国民健康保険運営協議会」とは、市民が加入している国民健康保険が適切に運営されるよう、市長の諮問に基づき答申を行ったり意見を述べたりします。

 7月に市川市から「出産一時金(現行35万円)を4万円引き上げて39万円とする条例案を議会に提出することについて」諮問があり、協議会では市川市の諮問については承認しましたが、
(1)出産一時金の額についてはなお実態に即して引き上げを行うよう国に求めること、
(2)制度の運営にあたっては市川市のような不交付団体に不利にならないように改善を求めること、
という趣旨の付帯意見をつけた上での承認でした。

 8月24日(月)私は国民健康保険運営協議会の会長として、この答申を市長に手渡しました。

 国民健康保険運営協議会は市民の健康を守る上でも大切な機関で、医師会や歯科医師会の会長さんなどが名を連ねています。役職の重さに気を引き締めてこれから2年間、会長としての大任を果たしてまいりたいと思います。


過去の活動日誌       政令指定都市移行に向けて 民主クラブを結成
2つの干潟を視察 総務委員会視察―岡山市・北九州市を訪問 行徳臨海部視察 平成18年5月〜12月 猫実川護岸壁実地検分 平成17年11月〜平成18年4月
平成17年6月〜17年10月 平成17年2月〜17年5月 平成16年9月〜17年1月 平成16年5月〜8月 平成16年1月〜4月 平成15年11〜12月
平成15年10月 平成15年9月 平成15年8月 平成15年7月 平成15年6月 平成15年5月