活動日誌

市川市の高齢者の確認について

 

 新聞報道などで100歳以上の高齢者の所在不明が明らかになり、問題になっています。市川市についての報道がありませんでしたので、市川市に確認を求めましたところ、次のような報告をもらいました。

 市川市に居住する100歳以上の高齢者の方々は、7月31日時点で82名が住民登録されております。これらの方々について、(1)診療受信記録、(2)介護サービス利用実績、(3)生活保護認定、の3つの方法で確認したところ、82名すべての高齢者の所在(生存)が確認されたとのことです。
市川市では、毎年9月に100歳以上の高齢者の方々に、1人5万円の「敬老祝金」を支給しています。これまで民生委員の方を通じて支給していただいていましたが、これからはこの機会を通じて、民生委員が本人と面談できない場合は、市職員が確認する予定にしているそうです。

 この報告は、新聞報道などで行われておりませんでしたので、私は副議長として、情報を全ての市川市議会議員に提供するよう依頼し、Fax通信してもらいました。

 たまたま今、高齢者の所在不明が問題になっているわけですが、高齢者に限らず、所在不明のまま住民登録されている事例は数多くあるわけで、行政の健全性を確保する上での障害になっています。市民の居住を完全に捕捉することは不可能でしょうが、税金や社会保険料の滞納状況などにより、各部でばらばらに持っている情報を市民課に一元化して所在確認に役立てるなど、問題の解決を市川市に対して求めていきたいと思います。


過去の活動日誌          
行徳臨海部特別委員会視察 総務委員会視察(四国方面) 民主市民連合結成 国保運営協議会々長に就任 政令指定都市移行に向けて 民主クラブを結成
2つの干潟を視察 総務委員会視察―岡山市・北九州市を訪問 行徳臨海部視察 平成18年5月〜12月 猫実川護岸壁実地検分 平成17年11月〜平成18年4月
平成17年6月〜17年10月 平成17年2月〜17年5月 平成16年9月〜17年1月 平成16年5月〜8月 平成16年1月〜4月 平成15年11〜12月
平成15年10月 平成15年9月 平成15年8月 平成15年7月 平成15年6月 平成15年5月