活動日誌 1年が経ちました

平成15年4月27日の市議会議員選挙で皆様の厚いご支援をいただいて市川市議会議員に当選させていただいてから1年が経ちました。議会人としての1年の周期を初めて経験したことになります。
○市川市は大都市でした
 議員になる前はサラリーマンで、家と都心を往復する毎日でしたし、土・日は塩浜や行徳地域以外にはめったに市内を歩き回ることなどなかったので市川市全体のことは全くと言っていいほど知りませんでした。議員になって初めて、市川市が人口46万人の大都市であり、人口と産業構造で都市を28類型に分類した「類似団体」を見てみると、市川市は船橋市や松戸市とともに、人口も産業構造も県庁所在地に匹敵する大都市なのでした。八王子、堺、岡山、鹿児島、静岡、新潟、長崎、松山、金沢、横須賀、熊本、宇都宮、さいたまなどの各市が市川市の類似都市です。こんな大都市の議員になってしまったのかと実感したのが議員になった最初の感想でした。

○定例会は年4回開催
 市議会の定例会は、2(3)・6・9・12月の年4回開催されます。会期は3週間程度、長いもので1ヶ月間程度です。

 まず、数日間本会議で議案の質疑が行われます。市が議会に提出した議案(条例案など)についてあらかじめ通告し、案件ごとに通告順に従い質疑が行われます。質疑終了後、議案はそれぞれ内容別に4つの常任委員会(民生経済、総務・建設・環境文教)に付託され、委員会審査が行われます。委員会での質疑も数日間(1〜3日間程度)かけて行われますが、特に時間制限はありません。委員会質疑終了後委員会で採決され、採決された議案は再び本会議にかけられ、委員長報告、本会議での採決となります。

 議案の処理が終わると数日間かけて本会議で一般質問が行われます。一般質問はあらかじめ通告した内容に従って、議員が自由なテーマで往復1時間の範囲で質問することが出来ます。1日に5人の議員が質問に立ちます。

 「議案」に対しては「質疑」であり、議案の内容について質すのですから、議案と関係ないことを聞いたり、要望を述べてはいけないのに対して、「一般質問」は通告範囲を超えない限りそうした拘束は一切ありません。議員が主体的に問題提起して行政の見解を聞くことの出来る場が一般質問です。2月議会では42名の議員のうち28名が通告して質問に立ちました。

○緑風会に所属
 私はこの1年間、「緑風会」という会派に所属して活動してきました。便宜上2つに分かれておりますが、第1と第2を合わせると、9人という最大会派です。当選1回と2回の議員ばかりで、市の行う行政を責任ある立場で監視しつつ、積極的な提言も行う会派を目指しています。当選した新人議員10人のうち5人が緑風会に所属しました。新人が入ってきて議会の雰囲気がずいぶん変わったという声をよく聞きます。それまでの雰囲気を知らない私にとってはコメントのしようがありませんが、議会をよりよいものにしていかなければという責任を痛感しています。

○質疑・質問を経験して
 1年間の議会の中で、4回の質疑と、4回の一般質問を行いました。一番難しいのは時間配分です。あれもこれも聞きたいのですが、たくさん聞いてしまうと再質問する時間が不足してしまい消化不良となりますし、答弁を聞かなければ再質問する内容の判断がつかないため、これも消化不良になりがちなのです。

 一年経験してみて大分慣れてきましたが、質問の未熟さを痛感しています。
 質問するのにもいろいろなタイプの人がいることに気がつきました。

地元密着型・・・自分の居住する地域の問題を積極的に取り上げて要望するタイプ。実現するかしないかは別として、質問したことそのものに意味があります。

イデオロギー追及型・・・国の悪政に追随して悪政を続けようとする行政から市民を守ろうと、何とかしろと迫るタイプ。どこの議会でも通用するような質問をします。

質問目的型・・・質問自身が自己目的化して、何か聞きながら持ち時間を使いきろうとするタイプ。最後には自分でも何が聞きたいのか分らなくなってしまう場合も多い。

連続ドラマ型・・・一般質問のたびに同じテーマを質問して問題の進展を図っていこうとするタイプ。過去の経緯を良く知っているベテラン議員の質問には説得力があります。

和尚さん型・・・明らかに他人の作った原稿をお経のように読み上げて、答弁に時間がかかり再質問時間があまり残らないのを見越して切り上げるタイプ。難しいので私にも何を聞いているのか分らないことが多い。

 いろいろと余計なことを書きましたが、私自身は上記の何れにも当てはまらない、政策を提示して行政側の判断を迫る「問題提起型」の質問をしていきたいと思っています。与えられた貴重な時間ですから、無駄にしないように使っていきたいと思います。
 以上、この一年間の感想をご報告いたします。
 

活動報告2004年1月〜4月 茶字は他ページに詳細を掲載
1月 7日(水)
市川市商工会議所新年賀詞交換会
8日(木)
緑風会議運勉強会
高齢者クラブ新年賀詞交換会(山崎厚生年金会館)
10日(土)
消防出初式
ハイタウン塩浜第一住宅自治会役員会
12日(日)
市川市新成人の集い(市民文化会館)
20日(火)
介護予防教室(ハイタウン塩浜8号棟集会所)
市営住宅課よりヒアリング
23日(金)
塩浜小3年生もちつき授業手伝い
民社党本部OB会・懇親会
24日(土)
塩浜老人いこいの家新年会
ハイタウン塩浜第一住宅自治会新年会
25日(日)
ハイタウン塩浜第一住宅駐車場説明会
荒木詩郎後援会幹事会
26日(月)
国会にて総務省・厚生労働省よりヒアリング
27日(火)
緑風会議運打ち合わせ
28日(水)
特殊教育振興大会(市民会館)
29日(木)
市営住宅審議会
宇宙航空研究開発機構(JAXA)
31日(土)
防犯パトロール
塩浜中ブロックCC星を見る会
2月 3日(火)
ハイタウン塩浜第二住宅自治会上野会長市長表彰
12日(木)
緑風会会派打ち合わせ
国民健康保険事業についてのヒアリング
13日(金)
国会にて総務省・文部科学省よりヒアリング
14日(土)
ハイタウン塩浜第一住宅自治会役員会
15日(日)
ハイタウン塩浜第一住宅管理組合臨時総会
17日(火)
緑風会議案勉強会
20日(金)
2月定例会開会(3月25日まで)
22日(日)
ハイタウン塩浜第一住宅自治会備品整理
27日(金)
国会にて文部科学省よりヒアリング
3月 4日(木)
本会議にて質疑
行政組織条例の一部改正案
公の施設の管理者の指定手続等に関する条例案
8日(月)
民生経済委員会(〜11日)
13日(土)
ハイタウン塩浜第一住宅自治会役員会
14日(日)
塩浜4自治会合同スポーツデー(塩浜市民体育館)
15日(月)
民生経済委員会委員長報告打ち合わせ
旧江戸川整備計画地元説明会(行徳公民館)
17日(火)
本会議・委員長報告と一般質問開始
21日(日)
荒木詩郎後援会総会・懇親会(ハイタウン塩浜8号棟)
22日(月)
本会議にて一般質問
26日(金)
2月定例会街頭報告(行徳高校前)
28日(日)
塩浜桜を見る会
29日(月)
2月定例会街頭報告(南行徳駅前)
塩浜中学校合唱部コンサート(浦安市文化会館)
30日(火)
2月定例会街頭報告(市川塩浜駅前)
南行徳駅バリアフリー化見学会
3月31日(水)
2月定例会街頭報告(リブレ京成前)
4月 1日(木)
2月定例会街頭報告(南行徳駅前)
2日(金)
国会にて内閣官房よりヒアリング
5日(月)
商工振興課よりヒアリング
6日(火)
故大沼幸夫さん通夜(合掌殿)
7日(水)
故大沼幸夫さん告別式(合掌殿)
8日(木)
塩浜小学校入学式
9日(金)
塩浜中学校入学式
10日(土)
ハイタウン塩浜第一住宅自治会役員会
11日(日)
大洲防災公園開園記念式典
18日(日)
福島三春滝桜鑑賞会
19日(月)
緑風会会派打ち合わせ
20日(火)
国会図書館にて資料収集
現代民社研幹事会
24日(土)
塩浜中学校授業参観
ハイタウン塩浜第一住宅自治会役員会
25日(日)
塩浜フォーラム21街づくり懇談会
塩浜中ブロックCC委員会
27日(火)
現代民社研地方議会委員会役員会
現代民社研幹事会
29日(水)
塩浜地域懇親会
過去の活動日誌         平成15年11〜12月
平成15年10月 平成15年9月 平成15年8月 平成15年7月 平成15年6月 平成15年5月